いぼを切除してコンプレックス解消【施術方法も複数】

サイトメニュー

状態を改善したい方に

女医

治療方法を知っておく

いぼができる原因にはウイルス性と非ウイルス性があり、多くはウイルス性です。臨床学的には細かい分類があるのですが、基本的にプールや温泉などで小さな傷口から皮膚に侵入して出現します。免疫が高くなれば自然と治るタイプもありますが、自然治癒せず肥大したり増殖したりするタイプもあります。この場合は医療機関で切除手術を受けないと治りません。いぼの切除といってもメスで切り取る方法だけではなく、液体窒素による凍結術やレーザーによる除去手術などもあります。自分で対処できる市販のクリームなどもありますが、効果には個人差があるので早めに治したい方は医療機関が推奨されます。皮膚科や美容整形外科などで受ける事が出来るのですが、除去施術としては液体窒素が一般的です。ウイルスを凍らせて死滅させる方法であり、麻酔を使用しなければならない程の痛みはありません。1回で済む場合もありますが、状態によっては数回通院治療が必要な場合もあります。非ウイルス性の場合は、液体窒素ではなく電気メスで切除する事が多いです。非ウイルス性とは紫外線による肌への負担蓄積や加齢による生理現象が原因です。皮膚科や美容整形外科で治療を受ける際、その治療方法の予後についても確認しておく事が特に女性に必要です。いぼの切除手術を受けた場合、術跡が残る可能性もあり、残らないにしても皮膚が回復するまで色素沈着する事で目立ってしまう事もあります。見た目を気にする場合には美容整形外科で、患部の治療を優先する場合は皮膚科でと選択する事もできます。いぼの治療には基本的に保険が適用されます。液体窒素や電気メス、そして服薬療法が該当しますが術後の皮膚も綺麗にする事まで治療対象ではありません。多く用いられる液体窒素により施術では、その患部は一定期間色素沈着して自然にとれます。電気メスでは患部及び周囲の皮膚にも負担があり、赤みが続く傾向にあります。時間の経過で回復していきますがその間目立つので、術跡を気にする場合は美容整形外科による治療も検討の価値があります。美容整形外科はいぼの治療と綺麗にする事も治療範囲であり、主流であるレーザー治療は皮膚への負担も少なくその日からメイクができる程綺麗に仕上がります。ただしレーザー切除は保険適用外の治療なので、治療費は全額自費になります。

Copyright© 2018 いぼを切除してコンプレックス解消【施術方法も複数】 All Rights Reserved.