いぼを切除してコンプレックス解消【施術方法も複数】

サイトメニュー

痛みの少ない治療も大切

看護師

利点と弱点に注目です

様々ないぼの治療法があるため、費用の事も考えながら、健康保険が適応される治療と自費診療の治療方法の比較をする事も大切です。液体窒素を使う冷凍凝固法は、一般的ないぼの治療法ですが、健康保険適用の利点だけではなく、弱点もある事に注目です。施術を行う時に、強い痛みを伴うため、不安に感じる方は専門医に相談しながら、痛み止めを使うなど、施術前の準備が必要になります。また、イボ周辺の正常な皮膚にも液体窒素がかかってしまうことや色素沈着を起こすこともあります。冷凍凝固法により、細胞が活発に新陳代謝を繰り返して、新しい皮膚が再生されていきますが、いぼを除去するために、何度も通院が必要になる事があります。大きないぼは、美容整形外科のメスによる切除と縫合で、切除する方法もあり、入院の必要はありません。ただし、自費診療となる場合もあるため、費用をきちんと把握し、安心して治療を受けられるようにする事が重要です。カウンセリングを受ける時に、費用に関する相談もできますし、患者一人一人に合った治療方法を提案してもらえるため、質問する時間をしっかり作ってから申し込む事をおすすめします。医療機関でいぼの切除を行う時は、まず診察を行い、原因を知ってから必要な検査を行います。カウンセリングの時間を作ってくれる病院は多く、治療説明を受ける時に、分からないことをしっかりと質問する時間は必要ですし、手術日程の調整を進める事も大切です。見た目が気になる方も多いため、施術後に傷跡が残らないようにしたい方は、希望を伝えて、適したイボの切除法を提案してもらう事にも注目です。小さないぼは、五分ほどで施術が完了するレーザー治療を行う事ができ、わずかな跡が残る程度で、痛みもほとんどありません。施術を行う時に、麻酔を使う場合があるため、クリーム麻酔や局所麻酔を使うなど、詳しい説明を受けられれば、安心感を持てます。術後は、アフターケアに力を入れる美容整形外科も多く、トラブルが起きた場合でも、安心して相談できる環境を見つけることが大切ですし、お肌の手入れの相談ができる点も魅力です。傷跡ができるだけ残らないようにしたい方は、術後も医師にケアの相談ができることもクリニック選びのポイントになります。

Copyright© 2018 いぼを切除してコンプレックス解消【施術方法も複数】 All Rights Reserved.