解決策は他にもある|いぼを切除してコンプレックス解消【施術方法も複数】

いぼを切除してコンプレックス解消【施術方法も複数】

サイトメニュー

解決策は他にもある

診察

初めてだから慎重になる

切除するには、外科での手術が一般的ですが、メスを使うことからも、いぼの種類によって向かない手術になる可能性もあります。デメリットを知ることで、慎重に事を運ぶことにもなり、結果的には失敗しない方法でのいぼ治療ができます。例えば、感染力のあるものは、基本は切除法ですが、顔や手の甲、首などに現れる数ミリ程度、しかも盛り上がるスキンタッグと呼ばれるいぼは、切除法が不向きです。理由としては、表皮のケラチノサイトの異常増殖なので、無数に出きています。その小さい突起物を、切って縫合することは不可能ではありませんが、傷の完治に時間がかかったり、術者によって皮膚トラブルの懸念もあったりします。健康的な肌であって、ただ目立つからという理由で手術を受ける場合、反対に傷跡が目立ってしまうことにもなります。現在では、切らずに治療ができる各種機器、最新治療、塗り薬などもあります。例えば、一時的な色素沈着が起こりますが、肌のターンオーバーがカギを握っていて、古いものが剥がれ、肌は新しくなります。このことから、液体窒素や電気治療という手もあり、首や顔など、同時に異なる部位の手術が進められる魅力もあります。美容整形外科での切除術は、傷跡を残さないデザインセンスで行われるので、容姿を気にする人には適している医療機関です。手術の流れは、執刀医から説明がされますが、事前に、採用された機器について、その特徴などを、ざっくりネットなどから収集しておくことも、安心できる材料になります。いぼ切除のための手術時間は、大きさにもよりますが、大抵は数分で終わり、麻酔によって術中の苦痛もありません。女性の場合には、翌日よりメイクや洗顔ができますが、トラブルを防ぐにも、縫合箇所を避けてスキンケアを行うようにします。1週間後、縫合した部分は抜糸が必要で、その後の経過観察も合わせて、度々通院が必要にもなります。なので、お仕事の都合などの調節も行いながら、自然治癒力での完治を目指します。もちろん、いぼの深さによって若干のヘコみが見られることもありますが、徐々に落ち着いてくるので、不安になる必要はありません。また、切ることに躊躇しがちなのは、初心者ならではの内情ですから、いぼ除去クリームなどから試してみるのも一法です。

Copyright© 2018 いぼを切除してコンプレックス解消【施術方法も複数】 All Rights Reserved.